おおつか鍼灸接骨院・整体院

0222885388

院長ブログ

気圧の変化は肩こり腰痛のもと。

2015年6月20日更新

ワクワクお元気様です😆院長の大塚です。

梅雨入り宣言されない仙台ですが、毎日1回は雨が降りますね。

天候病みする方が増えてきましたね。

雨の降る前に調子が悪くなって、晴れている時は調子が良い!

何でこんな事が起こるのでしょう?

実は…気圧の変化と大きな関係があります。

天気が良い=高気圧

天気が悪い=低気圧

気圧というのは簡単に言うと大気の圧力。

大気の気圧が高い状態から低い状態に変化すると体の外から受ける大気の圧力が低下します。

そうすると少し身体が膨張します。

身体が膨張すると少し血行が悪くなり、結果として痛めている部分や弱い部分の循環も低下するため症状が悪化します。

冷えの症状が強い人や自律神経に狂いが出てる人などがなりやすいですね。

対処法としてお勧めは、お風呂でゆっくり温まることです。

暑いからといって普段、湯舟に浸からずシャワーだけの方は試してみてください。

今日にありがとう。

今日は昨日までしか生きられなかった人が、

どうしても生きたかった明日。

だから今日をワクワク一生懸命楽しんで生きる!

おおつか鍼灸接骨院・整体院

あらゆる突発性、慢性の痛みは身体のバランスのくずれから発症します。

当院ではそれらを見極めながら、症状に合わせて施術していきます。

今までどこに行っても効果がなかった方、治すのをあきらめてしまった方、お一人で悩まずにぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

一覧ページへ