おおつか鍼灸接骨院・整体院

0222885388

院長ブログ

あなたは本当に冷え性なのか?それとも・・・

2017年10月17日更新

今日もブログへの訪問ありがとうございます(^^)/若林区荒井、おおつか鍼灸接骨院・整体院の大塚です。

いや~冷え込んできましたね~。

さすがに自宅でも暖房かけ始めました。

静岡育ちは寒さに弱いです・・・。

未だに東北の寒さに慣れません。

さて今年の冬はどうなることか。

 

今日の本題はそんなお話しをさせて頂きます。

 

あなたは本当に冷え性なのか?

「私、冷え性なんです!」

「冷え性って治りますか?」

「エアコンだめなんです!」

「手足が冷えて冷えてダメなんです!!」

こんな事を治療中にしょっちゅう言われます。

あと足首を触ったり、手を持った時に冷たい患者さん。

本当に冷え性なのか・・・。

 

 

ここで質問です!

冷え性と言うあなたはどれだけ防寒していますか?

 

冷え性と言う方に多い特徴

はい、防寒不足です。

この時期でも、薄着だったり、首回りが広く開いている服だったり、短い靴下を履いていたり・・・。

夏は大丈夫だけど冬だけ冷え性という方は、まさに防寒不足です。

それと「エアコンだめなんです!」っていう人も防寒不足です。

寝る時なんかは長ズボンの裾をモコモコの靴下に入れてしまえば保温力抜群です。

日中はネックウォーマーやレックウォーマーで保温してみて下さい。

 

本当の冷え性にはこんなタイプがあります

・末梢冷え性タイプ

・内臓冷え性タイプ

末梢冷え性タイプは手足が冷えたり、お尻が冷えたりするタイプですね。

末梢血管の循環が悪い状態により起こります。

内臓冷え性タイプは胃の調子が悪くなったり、便秘をしたり、女性なら婦人科系の症状が出たりします。

お腹を触る冷たい感じがします。

両方合わさるタイプの方もいます。

必ずしも当てはまるわけではありませんが、どちらのタイプも体温が36.0℃以下の方が多いですね。

こんな状態の冷え性の場合は治療や食養生が必要になりますね。

 

本当の冷え性にはどんな事が効果的なのか?

当院で出来る事とい言えば、整体や鍼灸の治療と食養生の指導です。

まずは整体と鍼灸。

血液は熱を全身に届けます。

その血液を運ぶのが血管の役割になります。

その血管を働きを支配しているのが自律神経の働きになります。

ストレスが高いという方は血管が収縮して末梢まで血液が回らなくなります。

ただ単に精神的ストレスだけではなく、身体がゆがむ事により自律神経の働きに狂いがでます。

そのような状態を整体や鍼灸では治療する事が出来ます。

続けて治療をすることにより自律神経の働きが正常になると末梢も内臓も温まってきます。

 

あとは身体を作る食事を見直す必要はありますね。

食養生ですね。

冷え性ならまず根菜類ですね、冬野菜は身体を温めます。

生姜、唐辛子とかもいいですよね。

でもバランスが一番大切です。

最近、腸内フローラの話をよく耳にすると思いますが、

腸は「第二の脳」と言われるほど精神や身体の働きに関わってきます。

腸が汚れているだけで全身の状態が悪くなります。

便秘なども整体により改善できますが、食事内容が一番大切です。

なるべく避けたい食品は、小麦粉、植物性油、乳製品、カフェイン、砂糖です。

このような食品はアレルギー症状を引き起こすきっかけにもなります。

 

本気で冷え性を治したい方は一度当院の治療にお越し下さい。

ご予約のお電話お待ちしております。

022-288-5388

 

おおつか鍼灸接骨院・整体院

あらゆる突発性、慢性の痛みは身体のバランスのくずれから発症します。

当院ではそれらを見極めながら、症状に合わせて施術していきます。

今までどこに行っても効果がなかった方、治すのをあきらめてしまった方、お一人で悩まずにぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

一覧ページへ