おおつか鍼灸接骨院・整体院

0222885388

ひざ痛改善

ひざ痛改善

こんな症状で悩んでいませんか?

膝の痛みのメカニズム

膝の痛みの病名で代表的なものは、外傷性のものでは半月板損傷・十字靭帯損傷・側副靭帯損傷などがあり、成長期であればオスグット・シュラッター病や運動されているのであればジャンパー膝・タナ障害・鵞足炎などがあります。
加齢変化としては変形性膝関節症が最も多いですね。年齢的な症状とそうでない症状と様々です。

膝はこれだけの仕事を長年休まずこなしています

  • 上半身の体重を支える
  • 立っている時は常に倒れないように緊張している
  • 歩くとき走るときなど動作時の衝撃を吸収する
  • しゃがんだり立ち上がったりと動作に大きく対応する
膝は大きく動ける半面、筋肉や靭帯(じんたい)などの軟部組織に支えられています。しかし軟部組織は年齢とともに弱り、硬くなったりします。そしてねじれて痛みの原因になります。 また膝はスポーツでぶつけたり捻ったりしやすく、急な痛みも起きやすい場所です。

急激な膝のケガをのぞいて、徐々に起きた膝痛には共通することがあります。 それは「膝の痛みになりやすい要素が、長年かけて作られている」ということです。

つまり、膝の痛みの根本的な原因は他にあります。

膝痛の根本原因を探る

冷え性

負傷原因がはっきりしている急激なケガであれば局所(部分)の問題を解決すれば改善するのですが、痛めた原因がわからず少しずつ痛みが増してきた場合はひざに原因がない事がほとんどです。それは年齢問わず言える事です。
成長期のオスグット・シュラッター病やスポーツをやられている方に起こる鵞足炎、ジャンパー膝などもそうですし、加齢変化による変形性膝関節症でもかたよった身体の使い方のクセの積み重ねもありますが、根本原因は「全身のアンバランス」です。

骨盤や脊柱がゆがむ事により膝関節に負担がかかります。その負担がかかっている状態で日常動作やスポーツを繰り返していると身体から痛みの信号が発生します。

長年患った膝痛でもよくなるの?

おおつか鍼灸接骨院・整体院の治療は、痛みの原因の特定するところから始まります。
患者さんの身体全体を診ていきますと、ほとんどの場合は背骨や骨盤の歪みが膝の痛みの原因となっています。

今まで皆さんは病院で注射をしてもらったり湿布貼ったり鎮痛剤を飲んだりしてきたと思います。その時は楽になって、もう治ってしまったかの様な錯覚に陥ってしまったこともあるでしょう。
しかし、膝痛、特に痛めた原因のはっきりしない症状は痛みに対してフォーカスする治療では改善しにくいのが事実です。

膝の痛みに対して、何年も注射をしたり湿布を長期間貼ることによって結果的に膝の変形を進めてしまう事もあります。
膝に痛みを出している根本原因が骨盤や脊柱にあるならば、そちらを整えさえすれば、おのずと膝の痛みは軽減します。

膝に水が溜まって整形外科さんで水を抜いてもらっている方が多く来院されますが、身体の歪みが改善されれば、ほとんどの方は膝の水は溜まらなくなります。

当院独自の治療を何回か続けてもらうことによって膝痛が起こりにくい体質になっていきます。また自宅指導として簡単なセルフケアを提案させていただきます。

膝の痛みでお悩みの方へ

お試しキャンペーン

お試しキャンペーン

LINE@
友だち追加