おおつか鍼灸接骨院・整体院

0222885388

自律神経調整

こんな症状で悩んでいませんか?

そもそも自律神経ってなに?

自律神経という言葉はおそらくほとんどの方が聞いたことがあると思います。
詳しく言うと脈拍や血圧、発汗、消化運動などを調節している神経です。生命活動を司る大事な神経になります。

自律神経は「交感神経」「副交感神経」の2つにわけられます。
漢字で表すと交感神経は「感情が交わる神経」と書きます。感情により交感神経はかなり働きが左右されます。

興奮や緊張している状態で優位になるのが交感神経、安静時などリラックスしている状態で優位になるのが副交感神経です。

副交感神経は脳と仙骨から出ていて、交感神経は背中(胸椎)と腰(腰椎)から出ています。
通常はその二つの神経で状況に応じて、血圧や脈拍、発汗、消化運動などを調節しております。(例えば暑いときに汗を出したり、運動したときに血圧や脈拍を増やすなど)しかしながら、時に身体の歪みや内分泌疾患やストレスなどから、その調節がうまくいかなくなることがあります。
簡単に説明すると運動時、勉強している時、仕事中などの活動時には交感神経の働きが高まり、自宅でゆっくりしている時、食事中(後)や睡眠時は副交感神経の働きが高まります。

交感神経の働き、副交感神経の働きが乱れて逆転してしまうとリラックスすべき状況で身体が緊張してこわばったり、動悸がしたり、汗をかいたり、めまいがするといった症状が出現します。
夜、寝ようと思っても活動時に働く交感神経が優位な状態だと寝つきが悪くなりますよね。他にも胃腸の働きも低下してしまいます。いわゆる自律神経失調という状態ですね。
女性の更年期の症状(障害)もここに当てはまります。

自律神経失調症について

「自律神経失調症」というのは、それ自体で病名ではなく、色々な原因で起こる症状名です。
原因の中でも多いのはストレスや不眠からくる人です。

不安や緊張している時というのは、交感神経が優位になります。
身体が緊張している(こわばっている)時間が一日の中でも長時間続くと調節障害が起こりやすくなります。

同じような理由で夜眠れない方もリラックスする時間、つまり副交感神経が優位になる時間が少なくなるということになります。
自律神経の調節障害が起こると、ますます不眠になり、眠れない事にストレスを感じる悪循環になってしまいます。

当院の治療について

自律神経失調の状態の方々の身体を診させてもらうと特徴的な症状がいくつかあります。
特に身体の歪みが大きいことと背中(胸椎)の固さが多くの患者様で見受けられます。

骨盤や背骨が歪んでいると交感神経が優位になり常に緊張状態をつくります。
交感神経は活動(運動)しているときに優位に働く神経ですので、その状態では寝つきも悪くなって当然ですね。

骨盤、背骨の歪みを整え、筋緊張を緩めることによりリラックス状態をつくれば副交感神経が優位になり寝つきもよくなります。

自律神経失調の症状の方は、当院独自の治療を受ける事により交感神経が抑制されて身体が緩み治療後はフワッと身体が軽くなり眠たいと体感される方が多いです。
1回治療を受けただけでも「いつもより長い時間寝られた!」「朝がすっきり起きられるようになった!」という嬉しい声はよく頂きます。
人間の身体は寝ている時に一番治癒力が上がります。質のよい睡眠が体調を整えるための近道になります。

ページのトップへ戻る