若林区で根本改善なら「おおつか鍼灸接骨院・整体院」

膝の悩み

 

当院ではコロナウイルス対策に
取組んでおります。

安心してご来院下さい。

・30分に1回、院内の換気を行う
・ドアノブなど接触が多い部分は30分に1回アルコール消毒
・治療用ベッドは患者様毎にアルコール消毒
・タオル等は患者様毎に交換、洗濯
・毎朝、体温及び体調のチェック
・発熱や咳等の症状がある場合は出勤停止
・患者様の施術毎に手指のアルコール消毒

 

 なぜ、どこに行っても改善
しない症状がこんなに

根本改善されるのか?

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 座っていて立ち上がり歩き初めに膝が痛む
  • 手すりを持たないと階段の昇り降りができない
  • 整形外科に何回も膝の水を抜いているが良くならない
  • 膝が痛くてしゃがめなくなってきた
  • 膝が腫れて熱を持っているような感じ
  • 病院で「歳だから・・・」と言われた
  • 家事や親の介護する時に痛むので何とかしたい

↓

そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

多くのお客様から
お喜びの声
\頂いています!/

 

「膝の痛みが改善しハーフマラソン完走できました!!」

Q.当院に来院する前、どのような事でお悩みでしたか?

A.マラソンが趣味なのですが、走り過ぎで右膝の半月板や靭帯を痛めてしまいました。1年程走るのを休んでいたのですが、痛みが全く取れず、走ることが出来ませんでした。

Q.当院に来院する前に、それを軽減させるためにどんな事をされましたか?

A.別な接骨院に通院したり、市販の湿布を貼ったりしていました。

Q.その結果どうでしたか?

A.まったく効果が有りませんでした。

Q.当院の施術を受けられてどのような変化がありましたか?

A.根本的な痛みの原因が身体全体のゆがみやズレから来ているとの事で、何度も通い修正して頂くうちに痛みは軽減され、また走れるようになりました。以前のような全開での走行はまだ無理ですがハーフマラソン大会も完走できるまで回復しました。

◆現在あなたと同じような症状で困っていて来院を迷われている方に一言お願いします。

A.正直、最初は半信半疑でしたが、今また走れるようになった自分が居ます。
是非、膝が痛いなど不安事がある方は受診してみて下さい。

(及川 崇 様 40代男性 仙台市若林区 )

※効果には個人差があります

「車椅子に乗らなくてすみました。」

Q.当院に来院する前、どのような事でお悩みでしたか?

A.変形性膝関節症の手術を受け、激痛はとれましたが歩行が困難になり、このままでは車椅子になるのではと不安でした。

Q.当院に来院する前に、それを軽減させるためにどんな事をされましたか?

A.整形外科・接骨院と何件もまわりました。

Q.その結果どうでしたか?

A.効果はあまり感じられませんでした。

Q.当院の施術を受けられてどのような 変化がありましたか?

A.整体院と云うことで先生を訪問。今まで体験したことのない施術でびっくりしました。
施術を重ねていくうちに全身が軽くなり、足が前に出る様になりました。希望がわいて来て施術を受ける日が待ち遠しく感じます。

◆現在あなたと同じような症状で困っていて来院を迷われている方に一言お願いします。

A.全身のバランス・ゆがみを矯正してくれる先生を一日も早く訪ねてみた方がいいですよ。

(鈴木 良子 様 70代女性 仙台市宮城野区)

※効果には個人差があります

 

 

TV雑誌書籍

 

セミナー

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも膝の悩み

改善されるのか?

 

他で良くならない理由

膝

膝が痛くてご自身で色々と試したけど、思うように改善しなかったのは貴方の責任ではありません。あなたに合った対策をすればきっと痛みから解放される時がきます。

  • 整形外科や病院でレントゲン検査をして「少し変形しているね」と言われ痛み止め薬と湿布を出されたが改善しない理由

 痛みがあるとまずは整形外科や病院に行かれる方も多いかと思います。レントゲン検査をして今の膝の状態がどのようになっているのか確認することは大切なことです。しかし痛み止め薬や湿布は一時的に痛みを抑えるために使用するならいいのですが、根本的な改善にはつながりません。変形性関節症は老化(変性)により進行します。老化=冷え ですので痛み止め薬を飲んだり湿布を貼り続けると膝関節周りが冷えてかえって変形を進めてしまいます。

  • 整骨院や病院のリハビリで電気療法や温熱療法、マッサージをしてもらっているがなかなかよくならない理由

 膝周りの血液循環を一時的に改善するので多少の効果は期待できますが、根本改善には繋がりません。すぐに痛みが元に戻ってしまいます。

  • サポーターや装具で固定するだけでは良くならない理由

 固定をすると膝を支えられるので楽になります。しかし固定を長期間すると筋力が弱る恐れがあり、日常的に固定をしないといけなくなってしまいます。

 変形性膝関節症の症状は冷やすと悪化するので保温性の締め付けのないサポーターをおススメしております。

  • 膝の水を抜く、痛み止めやヒアルロン酸を注射しても良くならない理由

 膝の水は膝関節を栄養する関節液で元々なければいけないものですが、余計に溜まると膝が腫れツッパリ感が出てしまいます。適切な対処をすれば溜まった水も身体に吸収されます。何回も水を抜いても溜まる方は根本の原因にアプローチ出来ていない可能性が高いです。痛み止めの注射は動かなければいけない時は有効な方法ではありますが、何回も痛み止めの注射をすると変形を進めるリスクはあります。ヒアルロン酸の注射は軟骨保護する目的ですが、膝にかかる負担を軽減させる事は出来ないので痛みが戻ります。外科的手術したのに膝が良くならない理由

 手術は最終手段です。曲がっているなどの容姿を気にしないのであれば、施術で変形は元通りにはなりませんが痛みは改善できます。手術しても根本の原因が改善されていない場合はまた痛みが戻るケースもあります。

 

 

症状についての説明 

膝

膝関節痛には色々種類があります。

年齢によってなりやすい症状が分かれます。

若年層

  • オスグットシュラッター病

 サッカーや陸上などのスポーツをやっている子に多く成長痛と言われ膝の下で脛骨に圧痛、腫れ、熱感があり、悪化すると骨が隆起してしまいます。

  • ジャンパー膝

 バレーボールやバスケットボールなどジャンプ競技をする若者に多く膝のお皿の上下の膝蓋靭帯部分に痛みが出て圧痛や腫れがでます。

  • 靭帯損傷(十字靭帯、側副靭帯)

 スポーツによる接触プレー時に傷めてしまう事が多い怪我です。十字靭帯損傷は膝を曲げて前後にストレスをかけると痛みます。側副靭帯は膝のサイドに圧痛、熱感、ストレスをかけると痛みます。半月板損傷

膝に負担をかけ続けると半月板にストレスが加わり欠損したりしいます。外側か内側の半月板にストレスをかけると痛みます。

鵞足炎

  • 太ももの筋肉を使い過ぎると膝の内側の下に痛みや圧痛、腫れが確認できます。太ももの緊張が緩和されれば痛みは和らぎます。

どれもスポーツをやっている若者に多くスポーツ外傷、スポーツ障害に分類されます。

中高年以降

  • 変形性膝関節症

関節は、クッションとなる軟骨のおかげで骨同士がぶつからずスムーズに動くようにできています。その軟骨が年齢とともにもろくなり、欠け、すり減り、周囲に炎症を起こします。炎症が続くと次第に関節が変性し形を変えたのが変形性関節症です。

変形性関節症は身体の中で常に負荷のかかる箇所に発症しやすく、頭を支えている首、上半身の重さを支えている腰、歩くときに常に体重を支えストレスのかかる股関節、膝関節に多い。その中でも一番変形性関節症の発症しやすいのが膝関節です。

膝は立っている時、体重分の重さが両膝に分配してかかります。座ったり立ち上がったりする時、階段の昇り降りする時などは体重の何倍もの衝撃が膝に加わります。

歩行時で体重の2倍、階段を昇る時は3倍、降りる時は6~8倍、走る時は5倍の衝撃が膝に加わります。さらに加齢によって足の筋肉が衰えると、ひざへの負荷がさらに大きくなるため、膝痛を起こす人が多いのです。

痛み始めは湿布や塗り薬で痛みが緩和されますが、そのまま関節に負担をかけ続けると症状が徐々に進行していき、立ったり座ったりの動作に支障をきたすようになってきます。

膝に痛みなどの違和感を感じたら、早めの対処が大切です。

こんな人が変形性膝関節症になりやすい

変形性膝関節症は、老化が主な要因だと言われています。それでも100歳になっても痛まない人はいますので一概に老化とは言い切れません。

  • 運動不足の人

ひざ周囲の筋肉も衰えて、支えられなくなり関節の動きも固くなり、関節への負担が増えます。

  • O(オー)脚、X脚 の人

O脚の方は膝の内側に負担がかかり、X脚だと膝の外側に負担がかかります。

日本人の9割がO脚だと言われています。

  • 立っている時、片足に体重をかける人

両足に均等に体重をかけて立つことが辛くなると、「休め」の姿勢のように片足に体重をかけることになります。そうすると片方の膝に大きな負担をかけることになります。

立ち仕事が長い方は要注意です。

  • 座り方の姿勢が悪い人

椅子に座っていて足を組んだり、床に座っていて横座りやあぐら、体育座りをすると骨盤にねじれが生じます。正座の際に足の裏を重ねる人も同様です。

  • 変形性股関節症がある方

股関節の痛みをかばっていたり股関節の変形に伴い脚長差があると重心が崩れ片足にかかる負担が大きくなります。

両足均等に体重をかけて立つことがしんどい人は片方のひざに負担をかけていることになります。その際、ひざにまっすぐ体重をかけれていないので、一部分に大きな負荷がかかります。立ち仕事の方は特に注意が必要です

  • 椅子に座った時、足を組む人

足を組む癖のある人は骨盤からゆがみが生じているので、立った時、歩く時にひざに偏った負荷がかかっています

  • 床に座る時、横座りやアヒル座りをする人

上記同様、このような人は骨盤から捻じれが生じています。また、正座の際、足の裏を多く重ねている人も同様です。

膝(ひざ)の水は注射で抜かなくても改善します。

健康な人であっても、膝(ひざ)には一般的に水と呼ばれている関節液があり、極めて重要な役割を担っています。関節液の役割は関節面が擦れて摩耗しないように潤滑油の役割をして関節の変形や老化を防ぎ膝軟骨に栄養分を補給する事です。

膝に捻ったりぶつけたわけでもないのに、急に水が溜まった人や、水を抜いても抜いてもすぐに溜まる人は膝関節にストレスを受けている状態で一つの防衛反応です。

その場合、整形外科では膝の水を抜く処置をしてくれますが、根本原因が改善されない限りまた膝に水が溜まります。

膝にかかるストレスを取り除けば、溜まっている余計な関節液は自然と身体に吸収されていきます。

 

 

原因

膝

若年層の膝関節痛の原因はスポーツ外傷やスポーツ障害など使い過ぎによるものがほとんどです。

中高年以降の変形性膝関節症の原因は要因としては老化による変性と姿勢や使い過ぎによる膝関節への負担です。

男女比は1:4で女性に多いです。女性に多いのは閉経後の骨密度の低下も考えられ、男性に比べて筋力の弱さも関係しています。

足底のバランスの悪さも女性に多く外反母趾があると変形性膝関節症になりやすくなります。

しかし若年層でも中高年以降の方でも同じですが、同じような事をしても症状が出る方と出ない方がいます。もちろん体型や体質、生活環境は違いますので一概には言えませんが、この差ってなんでしょうか?

実はここに根本原因があります。

一番の原因はズバリ

身体の『ゆがみ』です。

それは骨盤や背骨のゆがみがある事によって片方の膝に余計に力が加わるからです。

重力という逃れられない力もそうですが、立ち上がる、歩く、階段の昇り降りをするにしても身体がゆがんいると、膝の向きにも異常をきたします。素人目には判断できにくい部分ですが、真っ直ぐに歩いているようで、痛む側の足は外側にぶん回して歩いていたり、足のつま先が外を向いていたりします。ほかにも足をついた瞬間に膝関節は外や内側に逃げる癖がある方もいます。

身体がゆがむ事によって、本来の筋力も発揮できない状態にいる方もいます。

若年層で運動やっている方で、なかなか膝の痛みが抜けないとおおつか鍼灸接骨院・整体院に来院される方が多くは、からだのゆがみがあります。

膝の施術をしなくても骨盤や背骨の施術をしただけで膝の痛みが改善される症例が多くあります。

整骨院や整形外科のリハビリで膝を中心に施術をしてもらっていても、改善されない場合は一度、身体のバランスのチェックをすることをお勧めします。

 

 

当院での改善法

施術

膝関節痛・変形性膝関節症は症状が様々あり、その中でも個人差があります。

それに伴い施術法や刺激量も様々です。

膝が痛むのに無理に強いマッサージや揉みほぐしをしたりストレッチをすると、

かえって膝関節痛・変形性膝関節症を悪化させてしまいます。

当院ではカウンセリングや身体のゆがみ、動作検査などを行い、

あなたの膝関節痛・変形性膝関節症の状態を把握した上で、その方に適した施術を行います。

ステップ①

カウンセリングにより症状や過去の怪我、病歴などを詳しくお聞きします。

ステップ②

全身のバランスを細かく検査していきます。

ステップ③

検査をもとに今の身体の状態を詳しく説明させていただき、施術プランをお伝えします。

ステップ④

DRTやオステオパシーにより全身調整を行います。
※主に脊柱、骨盤に対して施術を行い自己回復力を高めます!

ステップ⑤

全身調整の効果をもう一度再検査します。

ステップ⑥

自宅で行ってもらうセルフケアの指導と姿勢指導を行います。

※セルフケアとしてチクチク療法(自己チク療法)を主軸に運動法、ストレッチ法などを提案させてもらいます。

膝関節痛・変形性膝関節症は膝周辺の局所の問題ではありません。

全体のバランスが悪くなって、結果的に膝関節痛・変形性膝関節症が起きるものです。

そのため、全身のバランスを整えることはとても重要です。

軽い膝関節痛・変形性膝関節症の場合、全身のバランスが整うだけで症状が改善されます。

全身のバランスを整えた後、必要に応じてキネシオテーピングを施します。

施術の進め方はglobal(全体的)⇒local(局所的)⇒focus(焦点的)に進めていきます。

膝関節痛・変形性膝関節症の原因は人それぞれです。

当院ではあなたの膝関節痛・変形性膝関節症の原因に合わせて最適な施術を提供します。

分からないことはなんでもご相談ください。

 

 

キャンペーン

 

10月31までに
\ご予約の方に限り/

 

整体コース
(カウンセリング+検査+TBバランス整体)

 初回60分 2,980円
(通常 1回7,150円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

※当院では、コロナウィルス対策に
取り組んでおります。安心してご来院下さい。
当院でのコロナウィルス対策の取組み >

tel:0222885388
予約フォームマップ

 

 

お客様の喜びのお声が
信頼の証です/

 

「長年の痛みが嘘のように消えました!」

IMG_0848Q.当院に来院する前、どのような事でお悩みでしたか?

A.長年の腰痛(30代後半より)コルセットを使用。両膝の痛み 足、背中が頻繁につる

Q.当院に来院する前に、それを軽減させるためにどんな事をされましたか?

A.腰痛がひどい時は病院で注射
 両膝は湿布、1週間~10日おきに注射

Q.その結果どうでしたか?

A.整形外科に4件ほど行ったが皆同じ・・・痛みは一時的に取れる程度

Q.当院の施術を受けられてどのような変化がありましたか?

A.痛みが軽減、コルセットをしなくなった、足、背中のつりがなくなり家事や片付けが楽しくなりました。また下肢静脈瘤も助言いただき手術を決意しむくみだるさがなくなりました。

◆現在あなたと同じような症状で困っていて来院を迷われている方に一言お願いします。

A.元気になりますよ。ぜひ受診して下さい。

(山口 様 60代女性 仙台市若林区)

※効果には個人差があります

「膝が良くなりました。」

Q.当院に来院する前、どのような事でお悩みでしたか?

A.膝痛で、整形外科に通っても改善しないでおりました。股間から膝にかけての激痛で悩んでおりました。車の運転や日常生活が苦痛でした。

Q.当院を受診する前に、それを軽減させるためにどんな事をされましたか?

A.痛み止めの薬を服用しておりました。

Q.その結果どうでしたか?

A.あまり効果がみられませんでした。

Q.当院の施術を受けられてどのような 変化がありましたか?

A.先生が提案した施術計画をしっかり守って通院したら全快しました。

◆現在あなたと同じような症状で困っていて来院を迷われている方に一言お願いします。

A.大塚先生に任せたら大丈夫、良くなりますよ。

(澁谷 堯 様 70代男性 仙台市宮城野区)

※効果には個人差があります

「膝の痛みがなくなりました!」

Q.当院に来院する前は、どのような症状で悩んでいましたか?

A.右膝が痛かった。猫背が気になっていた。

Q.当院で施術を受けてどうなりましたか?

A.膝の痛みは1回の施術で痛みが大分楽になりました。4回治療を受けて痛みもなくなり背筋も伸びやすくなりました。

Q.他の整骨院とは何が違いますか?

A.熱心に話を聞いてくださり説明をよくしてくれました。身体全体をみてくれます。

◆同じような症状・痛みを抱えている方へ一言お願いします。

A.痛い所があったら1度先生に話を聞いてみてください。しっかりと通院計画を最初の時に説明してくれるので安心して通えました。

(小野寺 和代 様 60代女性 仙台市若林区)

※効果には個人差があります

 

 

他業種絶賛

 

 

他院とはココが違う!
当院の8つのメリット

 

1.原因特定のため、初回約30分のカウンセリング・検査で徹底的に分析

カウンセリング

症状の本当の原因を特定する事が、根本改善への最短距離となります。時間をかけて丁寧に検査していきます。

 

 

2.安心・納得できると評判!わかりやすい説明

説明

あなたの身体がどうなっているか、分かりやすく説明します。不安な事あれば何でもご相談下さい。

 

 

3.歴26年で15万人が感動!院長によるオーダーメイドの施術

施術

院長が全ての施術を担当。豊富な経験・知識を生かしたオーダーメイドの施術で根本改善へと導きます。

 

 

4.身体に負担の少ないソフトな整体

施術

小さなお子様からご年配の方、妊娠中の方も安心して受けて頂ける施術です。

 

 

5.再発予防も万全!アフターケアが充実

アフターケア

自宅で簡単に出来るセルフケアや生活習慣指導に注力。施術効果の促進と再発予防に大きな効果があります。

 

 

6.どこに行っても改善しない重い症状にも対応

施術

病院や整骨院・整体院に通って改善しない重い症状でも、当院にお任せ下さい。

 

 

7.衛生管理も徹底!明るく清潔な院内

施術室

当たり前の事ですが、アルコール除菌やタオル交換・トイレ清掃など、衛生管理にも注力しております。

 

 

8.お子様連れOK!駐車場あり・予約優先制で通いやすい

外観

お子様用のDVDなどもご用意しております。さらにお客様をお待たせする事ないよう予約優先制を採用しております。

 

 

地域最大20名掲載!

全国の有名整骨院からも
推薦されております

 

「体調不良の根本を見抜ける先生です」

ふじさわ整骨院  からだメンテナンスふじさわ
院長
藤澤 信輔 先生

大塚先生とは10年来ともに研究を続ける仲間です。
痛い部分や原因不明の体調不良など、その部分だけを見るのではなく、
なぜそうなったのか、
なぜその部分に症状が出るのか、
なぜそこに負担がかかってしまったのか、
を深く追求し、原因となりうる動きや生活習慣を見つけてくれます。
立ち止まることなく技術や知識を常に磨き続ける姿勢は、
施術家として尊敬しています。
東北地方で紹介できる施術家がいることは本当にありがたいです。

「進化を止めない治療家」

おおはし接骨院
院長
大橋 保 先生

新潟県長岡市でおおはし接骨院を開業している大橋保と申します。
大塚先生とは、キネシオテーピング協会で東北支部長として、私が地区統括指導員として長年、一緒に研鑽を積んでいる関係です。
治療家の努力というのは義務ではありません。
世の中沢山の治療関係の施設がありますがどこでも7割ぐらいは改善の方向へ導くことはできます。
問題は残りの3割の方に対してどう向き合うかです。勉強や研修などでその3割の内7割は対応ができます。しかし、そのレベルになると高いレベルの患者様が紹介でやって来ます。なのでいつまでたっても3割は減らないため、我々は進化しなくてはならないのです。
まさに、大塚先生はその最前線で戦っている同志なので、自信を持って皆様に推薦させて頂きます。
必ず、心配事や気になることは受診の時にお話し下さい、そこに回復の糸口があるかもしれません

「セミナー講師の高い技術を提供する施術院」

レリーフ整骨院
院長
佐藤 大全 先生

岩沼市でレリーフ整骨院を開業しております佐藤と申します。
私は10年ほど前まで2年間ほど、大塚先生の元で修業をしておりました。大塚先生のお客様に対する接し方などは今でも見本にさせて頂いております!
現在は接骨院での仕事以外にも数々の手技(施術法)の講師として活動されています、自分も大塚先生の手技セミナーを受講し、その技術を受けた患者様から多くの喜びの声も頂いております!
現在、体の悩みがあり整形外科や整体院に通っているが症状になかなか変化がなく悩んでいる方は1度おおつか鍼灸接骨院・整体院にご相談、そして施術を受けて頂く事をお勧め致します!
きっと今までの悩みから開放されます!

※詳しくは「全国の有名整体院からの推薦状」
ページをご覧ください!

 

 

キャンペーン

 

10月31までに
\ご予約の方に限り/

 

整体コース
(カウンセリング+検査+TBバランス整体)

 初回60分 2,980円
(通常 1回7,150円)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3名

 

※当院では、コロナウィルス対策に
取り組んでおります。安心してご来院下さい。
当院でのコロナウィルス対策の取組み >

tel:0222885388
予約フォームマップ

 

「おおつか鍼灸接骨院・整体院」若林区NO.1 専門家が絶賛 PAGETOP