おおつか鍼灸接骨院・整体院

0222885388

院長ブログ

梅雨時期の体調不良

2019年6月25日更新

今日もブログへの訪問ありがとうございます(^^)/仙台市若林区荒井、肩こり腰痛専門ラボ、おおつか鍼灸接骨院・整体院の大塚です。

スタッフの中村さんが、また新たにPOPを作ってくれました。

以前のブログの

男には無いセンス!

でも紹介しましたが、今回は「お手洗い」と「更衣室」の案内です。

今回は頑張って後ろ姿で登場です。
ブログに載るのは恥ずかしいようです・・・。

クオリティの高さに私の娘達も何やら好きな歌手の似顔絵を描いてもらいたいそうです。

 

さて本題に入ります。

 

梅雨時期の体調不良

 

梅雨時期の体調不良は自律神経の乱れによるものです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つの神経で身体のリズムを調整しています。

交感神経は運動とか仕事をしている時に主に高まる神経で副交感神経はリラックスしていたり食事や睡眠時に高まる神経です。

 

なんで自律神経が乱れるのか?

これは色々と原因はあります。

温度や湿度の変化による自律神経の乱れも有りますが、一番は気圧の変化による乱れが大きな要因になります。

気圧の変化による症状は「気象病」と言われたりもします。

 

耳が敏感な人がなりやすいようです。

この「耳」とは「内耳」で、鼓膜の奥にある、かたつむりのような形をした器官を指します。内耳には揺れや気圧を感知するセンサーがあって、それらの情報が脳に入り自律神経を過剰に活性化させてしまうと症状として現れます。

交感神経が過剰に活発になれば痛みを感じますし、副交感神経が過剰に活発になればだるくなったり眠気がでてきます。

乗り物酔いをする人は気象病になりやすい傾向にあります。

 

気象病の対策はないの?

 

まずは自律神経が乱れないように規則正しい生活を心がける事です。

3食しっかり食べて、入浴では湯船につかり、しっかり睡眠時間をとる事です。

 

耳の内耳の問題としてならば、内耳のリンパや血液の循環を良くすることで症状を軽減できる可能性はあります。

耳回しや耳引っ張り体操は有効ですね。

方法

1、耳たぶを親指と人差し指を曲げた状態で挟みこみ外下方斜め45°にゆっくり10秒間引っ張る。

2、親指を耳たぶ、人差し指を耳の上から耳を折りたたむ(2つ折りにする)状態で10秒。

3、手で耳全体を多いながら後ろ回しを5回やる

4、手の平で耳の穴を軽くふさぎ外方へポンポンを音が鳴るように5回行う(鼓膜が弱い人はやらないでください)

 

1日3回くらいを目安にやってみてください。
耳の体操をした後に身体が火照るのが分かれば効果ありです!

是非やってみてそれでも調子悪ければ、おおつか鍼灸接骨院・整体院にお越しください!

おおつか鍼灸接骨院・整体院

あらゆる突発性、慢性の痛みは身体のバランスのくずれから発症します。

当院ではそれらを見極めながら、症状に合わせて施術していきます。

今までどこに行っても効果がなかった方、治すのをあきらめてしまった方、お一人で悩まずにぜひご相談ください。

お問い合わせはこちら

一覧ページへ

LINE@
友だち追加